メッセージ

メッセージ

お客様のニーズを追い求め続けて

代表取締役 大澤和春

アイフィスジャパンは、1995年、証券会社が投資家に配布する「調査レポート」の集荷から印刷・封入・配送までをワンストップで引き受ける、アウトソーシング企業として創業しました。ワンルームマンションの一室から始めた会社ですので、規模を求めるのではなく、仕事の「機敏さ」や「精緻さ」、そして、お客様のさまざまなご要望にすばやく応える「柔軟性」を追求。“どうすればお客様に満足いただけるか”を常に心がけてきました。

その後、投資信託の目論見書、生保・損保・銀行などのドキュメント、上場企業のIR情報など「金融情報サービス」に特化しながら徐々にメニューを拡充。とくに、当社ノウハウを元に証券調査レポートを分析した“IFISコンセンサス”は、機関投資家の皆様から「日本のマーケットに合ったプロのコンセンサス」という高い評価をいただいています。

また、自社で蓄積しているさまざまな金融情報からデータを抽出し、ポータルサイトや証券会社へコンテンツを提供することを通じて、個人投資家の皆様にも当社サービスをご利用いただけるようになって参りました。今後も「総合金融情報ベンダー」としてより多くのお客様、パートナーにサービスをご利用いただけるように努めて参ります。

ビジョン

主力の金融サービスをさらに拡充

アイフィスジャパンの歩みは、インターネットがビジネスツールとしての重要性を高めていく時期に重なります。創業以来携わってきた金融情報ビジネスも、紙のドキュメントとWebサービスをシームレスに融合した、新時代のサービスへと進化、発展させて参りました。今日、当社の主力事業である「金融法人ドキュメントビジネス」、「投資信託情報ビジネス」、「投資情報コンテンツビジネス」などは、これからもお客様の多様なニーズや最新IT技術への迅速な対応を怠らず、顧客満足度を高め、業界をリードする存在であり続けます。

その上で、当社は2つの新しいチャレンジを開始します。その1つは、金融情報サービスの守備範囲を広げ、より多様なリクエストに対応できるようにすることです。具体的には、まず「ITソリューション」を事業として本格的に立ち上げます。これまでも、上述の各金融情報サービスそれぞれの分野に関連したソリューションは提供して参りましたが、今後は、タブレットなどクロスオーバー的なITソリューションを展開するべく、「金融マーケットのトータルサービス」の実現を目指してまいります。