IT'S NICE TO MEET YOU
アイフィスジャパンでエンジニアとして働く
アイフィスジャパンは金融情報サービスベンダーとして、機関投資家や証券会社、上場企業に対してドキュメント処理や情報伝達の各種ソリューションを提供する会社です。でも、なかなか一般の方の目に触れるフィールドで仕事をしていないので、分かりにくいと言われることも多いです。その会社の中でエンジニアがどんな仕事をしているかは、さらに見えにくいと思いますので、少し紹介させてください。

MISSION

会社の立ち位置とわれわれの役割

アイフィスの業界での立ち位置

 アイフィスジャパンの主なお客様は金融機関です。その中で、アイフィスの「SE」は自社のサービスやお客様に提供するソリューションのシステム部分を担当しています。職種としては、「上流工程を担当するSE」「自社サービスを開発・運用する社内SE」という括りですが、少し一般とは違う面があるかもしれません。

端的に言うと、、、

一般的なSEよりも営業やビジネス観点も求められる

ということでしょうか。「求められる」と言うとすこし重いですが、そういったことを強みにしているということです。

アイフィスのエンジニアの業務

 かんたんに言ってしまえば「顧客にシステムを導入する」のですが、それよりも「顧客にシステムを使ってもらう」ということに拘ります。さらには、使ってもらった上で「ソリューションの効果を得られるように、ITとして出来ることを目指す」が業務になります。

具体的には、提案から運用までの全工程…

・システムの提案

・見積もり

・契約

・プロジェクト管理

・開発プロセス

・運用/保守

などを行います。

が、これでは普通のSEの仕事と何が違うのかが分からないので、実際に、ある案件が進行する過程でアイフィスのSEがどう案件に関わるかを見てみます。

CASE

実際の仕事の流れ

提案フェイズ

提案を通じてお客様との信頼関係を作る

 営業がお客様を訪問した際に、雑談の中で顧客から業務課題についての相談を受けました。それは、とある資料の管理で「資料の原稿作成や改訂、印刷、それを顧客に届ける業務の負担が大きいからどうにかできないか」、という内容。案件のきっかけは些細なところから始まることが多いです。

 営業は会社に戻り、すぐに社内のSEであるAさんに相談しました。Aさんは営業が把握している内容を出来るだけ引き出し、対象の業務フローを整理しつつ、課題は何か、どうすれば効率化できるかを仮説に基づき検討します。そしてシステムで自動化できる部分、フローを見直すことで効率化できる部分など営業や他のメンバーと協力しながら提案をまとめあげます。

 提案がまとまったら実際にお客様を訪問し提案内容をプレゼンします。この段階では、仮説を多く含む提案なので、お客様の認識にうまくマッチする部分、そうでない部分がありますが、プレゼンをしながら出来るだけお客様から正確な情報を引き出し、再提案の材料を集めます。このプロセスはお客様にも面倒をかけるかもしれませんが、真剣にお客様の課題に取り組むことで信頼を得られれば、お客様も積極的に協力してくれるようになります。そのような関係性を築くことが出来たら、一歩目のアプローチは大成功です。

 そして、お客様と協力しながら提案内容を具体化し、最終段階では概算の見積もり費用やスケジュールを算定します。当然、お客様の立場で費用対効果を考え、システムでの対応が不適切である場合は、無理やりシステム導入を進めるのではなく、業務自体をアウトソースするような提案に切り替えることもあります。あくまで、システムを導入することではなく、業務を効率化することが目的です。

プロジェクト管理フェイズ

プロジェクトを通じて開発パートナーや社内の信頼関係を作る

 提案内容のソリューションで効果が出ると判断され、具体的にソリューション導入を進める段階になったら、プロジェクトの立ち上げを行います。お客様の業務に深く関わるソリューションですので、お客様も含めてプロジェクトをどう進めるかを組み立てます。

 プロジェクト全体のうち、システム開発部分では、提案時よりもさらに具体的に要件確認を行い、設計を進めていきます。平行して社内の他のSEや外部のベンダーとどう開発を進めていくかも調整していきます。

 開発プロセスはウォーターフォールと近しい手順で進めますが、案件規模や開発対象の特徴に合わせた適切なプロセスを選択して効率よく進めます。この時のAさんの役割はいわゆるプロジェクトマネージャーとして立ち回るSEとなるわけです。

サービス運用フェイズ

サービス運用を通じてさらにお客様の業務に精通する

 晴れてシステムがリリースされたら、その後もそのシステムの運用・保守を行います。また、定期的にお客様のフィードバックを受けつつ、システムの改善を行っていきます。実際に導入したソリューションの効果は直接利用者から跳ね返ってきます。良い評価であれば、その他の業務の相談が来るようになります。その反面、利用者からの悪い評価も直接返ってくるので厳しい局面もあります。しかし、そのような状況でも時間をかけて真剣に対応し、良い評価が得られるようになるケースも多く、非常にやりがいのある仕事であるといえます。

他社展開フェイズ

業務に詳しいエンジニアとしてビジネスを拡大する

 出来上がったソリューションが解決できる課題が、業界共通のものであった場合は、営業と協力しながらそのソリューションの他社展開を検討します。こうして複数社に同一のシステムが導入できて、規模も大きくなると他の顧客の信頼も得られ、より大きな案件の相談も集まってくるようになります。

 ここまで来ると、「文書管理システム」というプロダクトになり、複数社に展開するサービスに育ち、このプロダクトマネージャーはAさんの役割です。

VOICE

入社3年目 社員の声

入社3年目、30歳のエンジニアの意見

入社前の印象は?

前職では、大半の案件が一次受けの大手開発ベンダーがシステム仕様を決定して、それを元に「詳細設計・開発」を進めていくといった仕事内容が多かった為、自身のこの先のステップアップに不安を感じていました。 システム提案などの上流工程についても、経験出来るような会社で転職先を探していた中、「金融」業界は長く開発経験もあった為、少しでも経験を活かせる志望に近い会社かと思い応募しました。 ただ、アイフィスの業務内容は、今までの金融の経験とは違った分野で、かつ、技術面でもアプリ開発のみの経験しかなかったのでインフラといった知識もあまり強くなく、自身に活躍できる場があるのか、入社迄の期間は「不安」の気持ちが一番でした。

入社後の印象で良い所は?

 入社して間もない時期でも、先輩方にバックアップしてもらいながら、色々な仕事を任せてもらえて、あまり経験がない中でも、ユーザとの仕様確認からシステム提案、見積りといった機会にも早い時期から携わることができました。 面接で説明された業務内容ともズレ・乖離は大きくなかったので、自身の志望した理由に合った業務が出来ています。

入社後の印象で悪い所は?

 優しい先輩やメンバが多く、それに甘えていると自分自身が成長するチャンスを失ってしまうと考えてます。 それぞれ、案件ができると、できる人(または得意な人)がやってしまう環境である為、自分から積極的に動いて、担当領域を増やしていく必要があると感じます。

3年働いて今はどんな印象?

 入社時の印象通り、やはり幅広い知識を求められる場面は多々あります。経験を積んだり、日々の自己啓発から足りないスキルは今後学んでいく必要があるかと思っていますが、様々なスキルを持った、チームメンバやグループ会社などの協力を得ながら、足りない部分を学んでいける良い環境は揃っていると思っています。

入社後スキルアップは出来ましたか?

 プロジェクト管理やシステム提案・見積りなど、開発担当だった前職では経験が出来なかった工程に携わることができたことで、業務の幅が広がり、その分しんどい部分は多くありますが、自身のやりがいを感じることが出来ています。

エンジニアとして成長できるポイント

・プロジェクトマネジメントスキル

・ユーザ要件分析力

・ビジネスプロセス全体の把握

・最新のIT技術動向

・企画力、提案力

ユーザに面倒と思われる技術者ではなく、重宝される技術者に。

FAQ

良くある質問

Q:アイフィスはシステム会社?
A:システム会社ではありませんが、システム開発の仕事がたくさんあります。
Q:顧客はだれ?
A:多くはだれでも聞いたことのあるような大手の金融機関です。証券会社や保険会社が特に取引が多いです。二次受けでの開発はないので基本的にその大手の金融機関のユーザ部門の方々がお客様になります。
Q:金融系SEは辛いらしいけど・・・
A:そんなことはありません。金融のシステムは社会インフラでもあるので一瞬たりとも止まってはいけない、という世界があることは事実です。でもアイフィスが得意とするのは情報系や業務処理系のシステムで、その業務の特性に合わせたレベルのシステム開発・運用しています。そのため、うわさで聞くような金融SEとは比べられません。
Q:どんなシステムを開発している?
A:自社で開発・運営する金融機関向けのサービスをいくつも運営しており、それらの開発・保守を行っています。また、請負での開発ではありませんが、個別の顧客向けに開発したソフトウェアをサービスとして提供するSaaSのような事業も行っています。
Q:仕事場はどこ?お客様のプロジェクトルームに篭る?
A:基本的にアイフィスの本社内です。アイフィスで派遣や顧客側での常駐での仕事はしていません。ただ、提案や要件定義はもちろん、リリース後もアイフィスがシステムを保守するので、お客様先に行って打ち合わせをすることは多いです。
Q:エンジニアの平均年齢は?
A:35歳くらいです。
Q:技術者はどのくらいいる?
A:10名くらいの少数精鋭です。
Q:どんな仕事をするの?
A:自社でサービスを提供しているので、システムの企画、提案、設計、開発、運用、保守までのすべての工程を行います。
Q:そんなにいろいろ出来ないけど…。
A:確かに携わる業務の幅は広いですが、外部のパートナーやグループ会社の協力を得ながら案件を進めていくので何もかも自分でやることは無いです。いまアイフィスで仕事をしている技術者も
・金融機関での業務経験が無い
・そもそも開発経験が無い
・インフラなんて触ったこと無い
といった経歴で入社し、少しずつ業務の幅を広げながら仕事をしています
Q:その経験は役に立つ?
A:はい。難しいところもありますが、「システム開発」に必要なすべての工程に関わることができ、全体を見ることが出来るので広い知見が得られます。いわゆるソフトウェア開発会社の上流工程のSEとは異なり、実際にシステムを利用するエンドユーザの声を直接聞いて、自分たちで考えながらシステムと作り上げ、それらが使われるところまでを見ることが出来る経験は貴重です。
Q:どういったスキルが求められる?
A:幅広い業務に携わるので、個々の業務のスキルというよりは、その業務の本質的な意味を理解し、やり方を考えられるようなスキルが重宝します。また、幅広いスキルを持っていなくとも、何かこれだけは人に負けないという掘り下げた技術があると、そこを拠り所に知識を広げやすいのでそういった技術がある方も成長が早いです。

CONTACT

応募に当たって

ぜひ一緒に成長しましょう